FC2ブログ

初めまして、しゆきと申します。
初めての構築記事になります。ポケモンSMから高レート目指してレート対戦をしております。好きなポケモンはメガギャラドスです。1つの目標であるレート2000を達成できました。これを機にさらに高みを目指していければと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

それでは今回のパーティーを紹介します(サブロム)。

シーズン5構築

構築はメガギャラドスからスタートしました(基本的にメガギャラドス以外から構築は組みません)。
そして、ギャラと相性が良いヒードランを入れて、ヒードランと相性が良いブルルを入れて、そこからこのパーティーの形になりました。ミミッキュは単体性能の高さから、ギルガルドは一貫がとりやすい為、環境に刺さるという他の構築記事を参考に水ロトムを入れました。

【個別解説】
ギャラドス

メガギャラドス

  性格   ようき

  特性   いかく⇒かたやぶり

持ち物   メガストーン

実数値   171-177-99-*-120-146(非メガ)
 
努力値   4-252-0-*-0-252

技構成   たきのぼり/ストーンエッジ/りゅうのまい/じしん

〈解説〉
パーティーのエース。努力値振りは特に変わったところはなし。技構成は少し珍しいかなと思いますが、ブルルのグラスフィールドとじしんの相性が悪いので、パーティー全体で重いリザXを落とせるようにとストーンエッジを採用した。また、ギャラドス入りに出てきやすい、サンダー、耐久ギャラドスと戦えるところも良いと思った。が、環境トップのマンダに勝てなくなるのと、ギャラドス、サンダー自体ほとんど対戦することなく、リザードン軸に対しては、ブルルとギャラドスの同時選出自体ほとんどなかったので、こおりのキバの方が命中に関しても良かったかなと思う。


ロトム水
                
水ロトム

  性格   ひかえめ

  特性   ふゆう

持ち物   ミズZ

実数値   157-*-131-168-127-107
   
努力値   252-*-32-220-0-4(B個体値30)
   
技構成   ボルトチェンジ/ハイドロポンプ/めざめるパワー氷/どくどく

〈調整意図〉
A233メガバシャーモとびひざげり ダメージ130~154 確定耐え
A216メガボーマンダすてみタックル ダメージ67~79 超高乱2耐え

〈解説〉
パーティーで1番活躍したポケモン。マンダバシャカグヤレヒレ等、環境に多い並びに対してかなり刺さった。ギャラドスと合わせて、ポリゴン2の突破はできないので、どくどくが有効に働いていた。ボルトチェンジで、対面操作できるのも強く、とても使いやすいポケモンであった。


ギルガルド

ギルガルド(シールド)

  性格   ひかえめ

  特性   バトルスイッチ

持ち物   のろいのおふだ

実数値   159-63-171-112-172-87(シールドフォルム)
   
努力値   188-0-4-252-12-52  
   
技構成   シャドーボール/かげうち/どくどく/キングシールド

〈調整意図〉
A200ガブマンムーじしん ダメージ134~158 確定耐え
D>B ダウンロード対策
S無振り60族をだいたい抜けるように

〈解説〉
あんまり選出する機会がなかった。ギャラドスと相性が良く、一貫がとりやすい。サイクルパを意識してゴーストZかたべのこしを持たせたかったが、水ロトムの選出率が高く、Z被りを懸念していたところに、他の構築記事からのろいのおふだについて知り、興味を持って使ってみた。よく見られる対面での火力上昇が感じられたが、やはり他のポケモンで構築を考えたほうがよかったとも思う。



ミミッキュ

ミミッキュ(かわ)

  性格   いじっぱり

  特性   ばけのかわ

持ち物   きあいのタスキ

実数値   131-156-100-*-125-148
   
努力値   4-252-0-*-0-252
   
技構成   シャドークロ―/かげうち/つるぎのまい/じゃれつく

〈解説〉
説明をする必要がないほどの強力なポケモン。主にバシャーモ、ボーマンダのストッパーとして活躍してくれた。水ロトムがいるので、カバルドン入りのパーティーに対してタスキを残すこともでき、とても使いやすかった。


カプ・ブルル

カプ・ブルル

  性格   いじっぱり

  特性   グラスフィールド

持ち物   ゴツゴツメット

実数値   171-165-167-*-115-102
      
努力値   204-0-252-*-0-52
      
技構成   ウッドハンマー/ウッドホーン/がんせきふうじ/やどりぎのタネ

〈調整意図〉
B全振り
Sがんせきふうじで準速100族抜き(ガルーラミミッキュ)

〈解説〉
当初はチョッキで使っていたが、パーティー全体でガルーラが重く、3戦連続でガルーラ軸に負けた為、ガルーラをメタることを考え、この調整になった。この調整にしてからは、ガルーラ軸に2度当たったが2回とも勝つことができた。グローパンチはたぶん勝てません。ミミッキュがいるので、ねこだまし型がきやすいと思っています。グラスフィールドとの相性が悪く感じると思いますがそんなことはなく、むしろHP管理が難しいからこそ、回復できる面では相性は良かったかなと思っています。ミミッキュにも結構強い為、ガルーラミミッキュの対面構築に強く戦えた(後出しは厳しい)。


ヒードラン

ヒードラン

  性格   おだやか

  特性   もらいび

持ち物   たべのこし

実数値   193-*-126-150-148-126
      
努力値   212-*-0-0-68-228
      
技構成   マグマストーム/どくどく/ちょうはつ/まもる

〈調整意図〉
H16n+1
S最速テッカグヤ抜き抜き
D残り

〈解説〉
調整は他の記事を参考にしました。ブルルと組ませてのサイクルをする。基本的にロトムのミズZか、ドランのマグマストームで詰めていくことが多かった。ポリゴン2、ナットレイ、テッカグヤはメガギャラに対して選出されやすいので、対面で圧をかけていき、後続にも負荷がかけられるので、とても強かった。

【最後に】
今期はレート1700~1900をいったりきたりと、1900に乗せたのもシーズン終了1週間前でした。構築が定まらず厳しいシーズンでした。強いパーティーかはまだ何ともいえませんが、環境的には動かしやすかったと思っております。シーズン6最終シーズンは満足いくパーティーを作ります。

TN ゆうこ
20170913230837a4e.png

最後まで読んでくださり有難うございます。


スポンサーサイト



【S6使用構築】カバギャラ+【最高/最終2115 24位】

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿