FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S9使用構築】 ギャラガブテテフ 【最高/最終2102 106位】

 S9お疲れ様でした。しゆきです。S8では全然勝つことができず、2000を越えることができない悔しいシーズンでした。今回は自信がある構築でしたので、目標の2100越えを果たせたことは満足しています。しかし、100位以内に入ることができず、少し残念な気持ちでもあります。S10では、潜る時間があまり確保できない可能性もありますが、今以上の結果を求めていきたいと思います。それでは今回使用した構築を紹介したいと思います。



USUM シーズン9使用構築

【構築経緯】
 構築の軸は相棒であるメガギャラドスです。身代わり持ちが現環境で刺さると思い採用しました。メガギャラドスが起点にしやすい、ナットレイ以外の鋼タイプまた、物理受けのカバルドン、ランドロス霊を誘うカプ・テテフミミッキュから構築をスタートしました。この3体だとリザードンが重かったので、ステロ要因+リザードンに強い枠としてガブリアスを採用。ここまでで、草タイプやボーマンダ軸にこの4体では厳しいのでS6で大活躍した3ウェポンテッカグヤを採用。最後に火力が欲しく、ヒードラン、バンギラスを誘って倒せるようにリザードンを採用し構築が完成。



【個体解説】
ギャラドスメガギャラドス

性格:ようき
特性:いかく⇒かたやぶり
持ち物:メガストーン
実数値:177-207-130-*-151-138 ※メガ後
努力値:52-252-4-0-4-196
技構成:たきのぼり/じしん/りゅうのまい/みがわり

<調整意図>
〈耐久〉
補正無C4振りテッカグヤ エアスラッシュ 36~43ダメージ みがわり確定耐え
補正有A252振り メガガルーラ ねこだまし 親攻撃みがわり確定耐え 子合わせて 乱数50%耐え

相棒枠
2ウェポンギャラドスです。みがわりを採用することにより、テッカグヤ、ギルガルド、ランドロス霊、カバルドン、ねっとう1ウェポン水タイプ等を起点にする。刺さるときはとても強いが、範囲が狭いので選出の見極めが重要。この構成の1番のデメリットはボーマンダに対する打点がないこと。ボーマンダが居ないパーティーに積極的に選出していた。Sを削っていたのでミラーでは負けるほうが多かったのが厳しかった。


ガブリアス

性格:ようき
特性:さめはだ
持ち物:きあいのタスキ
実数値:183-182-116-*-105-169
努力値:0-252-4-0-0-252
技構成:じしん/がんせきふうじ/ステルスロック/どくどく

起点要員
ステロ、耐久ポケモンへの毒、がんぷうによるS操作、リザードンの牽制が大きな役割です。メガギャラと非常に相性がよく使いやすいポケモンでした。さめはだの特性でABミミッキュやメタグロスを1舞じしんで落とせることもこのパーティーにマッチしていました。ステロを撒かせないようにゲッコウガから入ってくる相手が多かったので、がんぷう打ってカプ・テテフ出しの動きをすることが多かった。そのあとに、釣り出しするか状況に応じたプレイングを心がけていた。その時に打ってくる技でゲッコウガの型をある程度把握できるのが強かった。テッカグヤやランドロス霊に何もできないのが厳しい。

カプ・テテフ

性格:おくびょう
特性:サイコメイカー
持ち物:こだわりスカーフ
実数値:145-*-95-182-136-161
努力値:0-0-0-252-4-252
技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/めざめるパワー炎

抜きエース
先制技を封じつつ、鋼タイプの選出誘導が役割。おくびょうの利点は、ランドロス霊のがんぷう後でも上をとれる点や準速リザードンバシャーモを1段階でも上から叩けるのは非常に強かった。また、ポリゴンZ対面で積まれても処理することができた。ヒードランの打点はこのパーティーには必要ない為、メタグロスを意識してシャドーボールを採用。また、ハッサムの増加やナットレイが選出されやすいのでめざめるパワー炎となりました。一貫を作れば最強のポケモンです。


ミミッキュ(かわ)ミミッキュ

性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
持ち物:ミミッキュZ
実数値:149-123-125-*-126-135
努力値:148-12-196-*-4-148
技構成:じゃれつく/おにび/ちょうはつ/のろい

<調整意図>
〈耐久〉
補正無A252振りメガギャラドス ステロ込1舞たきのぼり 112~133ダメージ 14/16耐え
補正有A252振りメガバシャーモ フレアドライブ 127~150ダメージ 15/16耐え
〈素早さ〉
最速70族(キノガッサ)抜き

7世代最強地雷枠  削り+ストッパー+起点回避
今までにないHBSミミッキュです。ミミッキュに繰り出される物理受けにおにびを入れたり、カバルドンのステロあくび展開を潰したり、バトンパ、害悪、受け性能が高いポケモンに対するのろいちょうはつでの削りと恐ろしいくらいに役割を遂行してくれました。火力は全くありませんが、Zにより瞬間的には十分必要な火力は出せていました。当初はABテンプレで使っていましたが、キノガッサが尋常じゃないくらい重いのでSを伸ばし火力を削りました。ギャラドスもかなり重いので耐久を削ることはできませんでした。初手、ゲッコウガ、キノガッサ、カバルドンとどのポケモンが来ても確実に役割を果たせて、さらに起点にされません。さすが7世代最強だと思いました。型ばれすると削りたいポケモンが削れず交換されたりするので注意が必要。


テッカグヤ


性格:ひかえめ
特性:ビーストブースト
持ち物:ヒコウZ
実数値:173-108-123-174-121-113
努力値:4-0-0-252-0-252
技構成:エアスラッシュ/めざめるパワー氷/ボディーパージ/だいもんじ

相棒➁ 裏エース
S6でも活躍した3ウェポンテッカグヤです。ボーマンダ軸と草タイプが主な役割です。今回も大活躍でした。私のパーティーに選出されやすいマンダ軸はこのポケモン1体で壊滅させることができます。ギャラドスが誘うカミツルギ、ナットレイ、リザードンが誘うボーマンダ、ランドロス霊、カバルドンはこのポケモンで最終的に抜くことができます。勝率は7割くらいあったと思います。ギャラドスと相性が良いポケモンです。

リザードンメガリザードンX


性格:いじっぱり
特性:もうか⇒かたいツメ
持ち物:メガストーンX
実数値:153-200-132-*-105-152 ※メガ後
努力値:0-252-4-0-0-252
技構成:げきりん/フレアドライブ/りゅうのまい/じしん

エースアタッカー
バンギラス、ヒードラン、ボーマンダ、ナットレイに強い枠を探していたところこのポケモンにたどり着きました。初めはきあいだまリザYでしたが、ボーマンダに積まれたり、きあいだまが勝利を左右する上に、不意に飛んでくる岩技、でんきタイプの一貫性がきついのでリザXに変更しました。この選択が良く、ヒードラン、ボーマンダはこのポケモンで対処していました。火力が高く、役割を持てる構築にしっかり仕事をしてくれました。



S9最終



【総括】
USUMに入ってから、3ウェポンメガギャラドスの刺さりが悪くなったように感じた為、環境でトップとなったランドロス霊を起点にできるみがわりメガギャラドスを使いました。みがわりギャラドスで結果を残したいとSMから思っていましたので、結果を残せて良かったと思っています。この構築もSMS6で2100を達成した時と同じで、2000以上を目指せる手応えを感じていました。次回からはボスラッシュ圏内を目指していきたいと思っています。S10でもよろしくお願いします。最後まで読んでくださり有難う御座います。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。